【初心者向け】育てやすい観葉植物の選び方3つのポイント

部屋に観葉植物などグリーンがあると、おしゃれで心も癒やされますよね。

観葉植物を育てたいけれど「どれを選んだらいいのかがわからない」という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、初心者向けの育てやすい観葉植物を選ぶ3つのポイントを紹介します。

水やりの手間が少ない観葉植物を選ぶ

なるべく水やりの頻度が低い観葉植物を選びましょう。なぜなら観葉植物は水のやり過ぎによる失敗が多いからです。水やりの少ない観葉植物なら、土の表面が乾いてきたら水をあげるだけなので育てやすいでしょう。

ただし、季節によって水やりの頻度が変わりますので気温の変化には注意してください。冬は休眠期になり、ほとんど水を与えなくても大丈夫です。例えばサンスベリアやパキラがおすすめです。

部屋のどこに置くのかを決めて選ぶ

置きたい部屋の日当たり具合で植物を選ぶと失敗がなく元気に育つでしょう。なぜなら観葉植物には、日光に強い種類と日陰を好む種類があるためです。置く場所を間違えると水切れや根腐れで枯らしてしまう原因になります。

例えば、日当たりが良い東側から南側に置く場合は、日光を好む植物や乾燥に強い植物がいいでしょう。ただし、直射日光が当たると葉が焼けてしまうので直射日光が当たる場所は避けてください。

レースのカーテン越しや午前中だけ日が当たる場所を選ぶ良いでしょう。例えばシマネトリコやユッカはおすすめです。

日があまり入らない北側や、玄関やトイレなどの暗い場所に置く場合は日陰を好む「耐陰性」に優れた植物を選びます。しかし適度な日は必要なので、午前中だけなど定期的に日に当てましょう。例えばポトスやアジアンタムはおすすめです。

冬に強い観葉植物を選ぶ

冬でも枯れにくい「耐寒性」に優れた植物を選ぶと、室温にそれほど気を使うことがなく寒い冬を越せるでしょう。なぜなら、観葉植物は主に熱帯・亜熱帯地方の原産のものが多いので暑さに強く、寒さに弱いのが特徴だからです。

0°以下に耐えられる植物はめったにないため、日本の寒い冬を越すには室温を調整するのも手間がかかります。耐寒性に優れた観葉植物としては、モンステラやガジュマルがおすすめです。

また、夏はエアコンの風で植物が弱る原因になることもあります。エアコンの風が直接当たらないように、サーキュレーターを使用するなどして空気を循環させてください。

まとめ

初心者向けの育てやすい観葉植物の選び方3つのポイントは「水やりの手間がかからない」「置く場所を決める」「冬に強い植物を選ぶ」です。この3つのポイントを押さえて選ぶと上手に観葉植物を育てることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました